私の本業である施設園芸は、全国でも静岡県の遠州地方が
 最初に行われました。大正7年に、促成栽培が始まり
 当初は、キュウリなどが栽培 されていましたが、
 じきにメロンが導入されました。大正11年、組合員
 17名で温室坪数850坪 (2,800u) で
 丸豊温室組合を創立この頃の、暖房と言ってもオガコ
 (木屑)が燃料でした大正15年石炭ボイラーが開発され、
 作業面でもかなり楽になったそうです。メロンの品種に
 とっても昭和30年頃より改良が進み41年頃から
 品種の統一がされ、美しい外観と優れた味覚を持つ
 メロンが作り上げられました。



 
                 

  
マスクメロンのマスクは、ギリシャ語の
  Moskhos(麝香=じゃこう)に
  語源をもち、マスクメロンの香りが麝香の香り
  のように素晴らしいところから名付けられました。
 (麝香とは麝香鹿のオスから分泌される香りのこと)



  
  アールス・ヘボリット  


  
意味は 伯爵の愛好物
  70年ほど前、イギリスより輸入
  改良に改良を重ね現在のメロンとなる。